バスケをしてる方なら、誰でも一度くらいはダンクシュートに憧れるようです。 スラムダンクとか、近頃では黒子のバスケとか、バスケといえばダンク!というイメージがありますよね。 でも、ダンクシュートは誰でもできるわけではないのです。 と言うよりも、できない選手のほうが多いシュートのです。 ダンクシュートができれば確かにかっこいいですが、それよりもどんな状況でも確実に3ポイントシュートを決められる方がチームの勝利には貢献可能となっているのです。 それに、がんばってダンクができるようになっても、身体能力がちょっと衰えると、すぐにできなくなったりします。 つまり、習得するのにかなりの努力が必要なのに、将来的には役に立たなくなる可能性が高いでしょう。 それでも、どうしてもダンクシュートをしたい場合、コツとしては三つあります。 まず、何よりもジャンプ力をつけること。 ジャンプしてリングにふれるくらいではダメで、せめて手首がつくくらいのジャンプ力はほしいところです。 ジャンプ力をつけるためには、スクワットとウェイトトレーニングが効果的でしょう。 それに、柔軟性を高めることも、ジャンプ力UPに繋がります。 それから、バスケットボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)を片手で掴んで振り回せるくらいの握力も必要です。 その上、ボールを持ったままで、フォーム(どんなスポーツをするにしても、基本となるフォームをきちんと身に付けることが上達への近道だといわれています)を崩さずに高く飛ばなくてはなりません。 とても一朝一夕にはできませんから、自分に近い身長のバスケ選手のダンクシュートの動画を見てイメージトレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)しながら、ジャンプ力をつけましょうー